So-net無料ブログ作成
検索選択

アギーレ監督の解任が濃厚か…気になる次期監督はまさかの… [スポーツ]

20150128163016.png

サッカー日本代表監督のハビエル・アギーレ氏が
解任される可能性が高まっています。そして気になる次期監督に
挙げられているのはまさかの前監督であるザッケローニ氏。


20150128163051.png

一体これはどういうことなんでしょうか?


まず現在の監督であるアギーレ氏には
「八百長疑惑」が持ち上がっているんですね。


実は日本代表の監督に就任する前から
黒い噂は絶えなかったそうです。


なのでこの八百長問題は今に始まったことではないようです。


その内容はというと実はアギーレ監督
日本代表の監督を務める前はスペインの1部リーグのサラゴサの監督でした。


2010-2011シーズンで降格危機にあった
サラゴサとレバンテとの一戦が八百長ではないかとの疑惑が出ているようです。
報道によるとレバンテ戦前にサラゴサ監督であったアギーレ氏と
サラゴサの何名かの選手には試合前にボーナスが振り込まれており
それが即日引き落とされているようです。


20150128162950.png

スペイン検察の見立てでは、その引き落とされた資金が八百長の原資となり
レバンテ側に渡ったのではないかということです。



チームの会長であるイグレシアス氏がアギーレ監督の口座そして
メンバーの何人かにボーナスという名目で総額96万5000ユーロ
(約1億1100万円)を入金しその後、帳簿に残らない形で再びサラゴサに戻し
資金洗浄に使われた可能性があるようです。


96年の第11回大会以来の準々決勝敗退という
屈辱に終わったアジアカップの結果に加えてこの悪い噂…


もしもこれが事実であれば悪質極まりない行為に
値するので、八百長問題以上に波紋を呼びそうですね。


おそらく解任は免れないでしょう。



ではなぜ、次期監督にザッケローニ氏なんでしょうか。


20150128163107.png


まず、この緊急事態に素早く対応できるのは
ザッケローニ氏以外いないと日本サッカー協会は
考えているらしく、2014年のワールド・カップでは
まさかの予選敗退に終わったものの協会のザッケローニ氏に
おける信頼は高いものだということが伺えますね。


もちろん再びザッケローニ氏が日本代表の指揮を採り
2018年ブラジルワールドカップに向けて戦っていくのかは
未だ不透明ではありますが、候補として上がっていることは
間違いありません。



そして、ザッケローニ氏本人はもともとワールド・カップ敗退後も
続投の意欲があったようですし、とある講演で

「代表監督の任期が4年というのは短すぎる」

と語っていたことも事実です。


あと候補に上がっているとすれば
鹿島アントラーズを率いてJリーグを3連覇した
オリヴェイラ氏も現在はフリーのため候補の一人であると
言えるんじゃないでしょうか…


20150128163217.png

いずれにせよ監督すら決まっていない状況で
世界と戦うなどと言ってられませんので、選手たちの
ためにも早めの決断が求められるところですね。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。